BLOG

『美髪』②〜美しき上質な髪の為に〜

美しき上質な髪を作るために☆
お勉強しましょう^o^
『美髪』シリーズ第2段‼️

今回は、髪の毛の構造を知りましょう〜☆

The structure of the hair
髪の毛は巻き寿司のような構成をしており、芯の部分にある毛髄質(メデュラ)、その周りを覆う毛皮質(コルテックス)、そして表面部分を覆っている毛小皮(キューティクル)の3種類の成分によって成り立っています。
毛幹部は、18種類のアミノ酸が結合してできた、繊維状のケラチンというタンパク質によって構成されています。
毛髄質には、メラニン色素や脂肪が多く含まれており、立方体型の細胞がハチの巣状になって並んでいるのが特徴です。
この細胞は空気を貯めることができることから、髪の弾力に影響を与えたり、熱などの刺激から頭を守る働きがあります。髪の毛の太さは、毛髄質の量によって決まります。
日本人の髪の太さの平均は、細い人で0.06mm前後、太い人で0.08mm前後と言われています。
shampoo_01
毛髪の構造
毛皮質は、髪の約90%を占める繊維状のタンパク質が集まり、束になって毛髄質の周りを覆っています。このタンパク質が多い程髪が硬く、少なければ柔らかい髪となります。
また、毛皮質はたくさんのメラニン色素を含んでおりますので、紫外線から肌を守る働きを持ち、髪の色は毛皮質のメラニン色素の量で決まります。
毛皮質は髪質に大きく依存する部分であり、タンパク質の結合状態によって、直毛か波状毛か縮毛かも決まります。
波状毛や縮毛の人の髪は先天的にタンパク質がまっすぐに結合していませんので、毛幹部を輪切りにすると、円形ではなく楕円形になっています。
髪の表面を覆っている毛小皮は、薄くて硬いタンパク質で成り立っています。
1枚のシートが円柱状に巻きついている訳ではなく、何層にもなって瓦のように重なっているのが特徴です。
毛小皮は、外部のあらゆる刺激から髪を守る役目をしており、キューティクルという名前でお馴染みの部分です。

これらの構造の一つ一つがダメージした時それぞれに作用するように、開発されたのが、
このOggiOtto(オジオット)なのです❗️

だから、いいんです❗️最高級レベルです‼️
国宝級です‼️

是非お試しください‼️^o^

一覧に戻る

Stylist
小山 顕路
松岡 千文
高本 英恵
川人 郁美
大津 和樹
石田 学史
加藤 慶太
徳田 七海
平山 由佳
Archive
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月